マイ工務店 Instagram

スタッフ座談会

スタッフ座談会風景

スタッフ座談会

マイ工務店で働く社員3名が、入社の動機から現在のやりがい、
そして、これからのキャリアについて語ります。

現在の仕事内容と、これまでの経歴

堤 菜穂子

新卒入社して現在3年目です。大学では経済学を学び、働く中で住宅建築を学んでいます。入社当初は設計補助的な仕事からはじまり、徐々に設計担当としてお客様の家づくりに関わらせてもらうようになりました。また、建築の学位と建築士の受験資格を得るため、勤務と並行して通信制の学校に通っています。

マイ工務店を知ったのは、就職情報サイトからです。住宅に限らず、「ものづくりをする会社で働きたい」と、様々な会社にエントリーしました。その時、すでにマイ工務店の募集期間は終了していたのですが、ホームページを見て「注文住宅とはどんなものか?」をもっと知ってみたくなり、完成見学会に参加。そこで「実は就職を考えている大学生なんですが」とスタッフさんに切り出しました。その時の驚いた表情はいまでも覚えています。

森口 和紗
森口

大学新卒で入社して2年目です。現在は設計担当として、お客さまの家づくりに関わらせていただいてます。大学で建築を学ぶ中で住宅の設計に一番興味を持ち、就職先も住宅会社を目指しました。

いくつかの会社の就職説明会に参加し、面接も受けたのですが、次第にそれらの会社が「自分がやりたい住宅設計とはちょっと違うな」と感じ始めたんです。そのようなとき、頭に浮かんだのがマイ工務店でした。実は、自宅がマイ工務店の近所で、いまの事務所ができたころから前を通るたびに気になる建物だったんです。そこで、改めて見たホームページには、ひと目で魅力を感じる施工事例がたくさん!さっそく面接を受け、現在に至ります。

山本 明子
山本

私は入社して6年目になります。最初に入社した会社では設計職ではなく、マンションの営業職でした。その後、滋賀県の工務店などに勤務し、一級建築士の資格も取得しました。結婚後は奈良に住むことになり、近くで設計士を募集している会社はないか?と探したのがマイ工務店でした。

転職先として考えていたのは、以前の会社で魅力的に感じていた「SE構法」を採用していること、そして「自然素材」使った「自社設計」であることでしたので、まさにピッタリの会社だったんです。

スタッフ座談会風景

入社して感じた「やりがい」

森口 和紗
森口

お客様の家づくりの最初から最後まで関われることにやりがいを感じています。その点、マイ工務店では、ゼロからお客様のお話をうかがった上で、最適なプランを提案していけるのが楽しいですね。

いまでも鮮明に覚えているのが、はじめてプラン提案をした時に喜んでいただいたお客様の笑顔です。プラン提案をする前には、社長をはじめとしたスタッフ全員でチェックを行い、よりお客様の理想に近づけられるようにプランを練っていきます。

堤 菜穂子

もともとやりたいと思っていた「ものづくり」に関わっていけることが一番です。「毎日が楽しい」と親に言っています。はじめはパソコンも満足に操作できなかった私が入社2年を過ぎた現在はお客様のご要望をうかがい、プラン提案をするまでに。そのように頑張っていく中で自分が成長していっていることを日々感じるのもまた、やりがいにつながっています。

とにかく、マイ工務店はどんどん仕事を任せてくれる、自分が成長できるチャンスがいっぱいある環境だと思います。さらに、眞井社長をはじめ、みんなが働く環境をより良くしていこうと意識しているのも成長できる要因のひとつではないでしょうか。

スタッフ座談会風景

働く環境について

堤 菜穂子

入社した年は、建築のことは何も知らない上、消費税率アップ前の住宅発注の駆け込み時期だったため、会社も大忙し。私もとにかくなんでもやろうと必死でした。そして2年目は仕事になれるにつれて任せられる仕事も増え、責任も大きくなりましたが、なんでも相談しやすい雰囲気の会社なので一人で抱え込まず、サポートしてもらいながら働くことができています。

基本的に残業はしないのが会社の方針なので、プライベートの時間も有意義に過ごせています。

山本 明子
山本

私は産休で1年間の休職をした後に復帰。現在は、朝は定時より1時間遅めの出社、夕方は1時間早めの退社をさせてもらうことで、仕事と家庭を両立させています。このような勤務ができるのも、他のスタッフがほぼ定時勤務できているからかもしれません。もしも、周囲が毎日遅くまで残業していれば、自分だけ定時でとはなかなか言えませんし。

また、家には仕事を持ち込まず、会社にいる短い時間で集中して仕事をするように心がけています。一時は自宅で仕事をしようとも考えましたが、子どもが遊びをせがんでくるので現実的にはなかなか難しいですね。図面に落書きもされますし(笑)。ただ、住宅紹介のTV番組を視ているときだけは、なぜかおとなしくしていてくれるんです。私が住宅の仕事をしているのは気付いているのかな?

スタッフ座談会風景

自らの成長とこれから目指すキャリアについて

堤 菜穂子

設計者としても人としても、お客さんに喜んでもらえるようになりたいと考えています。お客様はマイ工務店の家が気に入って来ていただいている訳ですし、私自身もマイ工務店の家のファンなんです。だから、お客様と一緒になって、より良いマイ工務店の家づくりを行い、それを見て「マイ工務店で建てたい」と言っていただける方の輪を拡げていくのが夢です。

そして、さらにその輪を拡げていくために、マイ工務店では現在、不動産事業にも挑戦してます。そのような会社の未来を支えていきたいですね。

森口 和紗
森口

まずは、住宅設計の知識をもっとたくさん身につけて、お客様の希望をかなえられる引きだしを増やしていきたいですね。さらに、新築だけでなく、リノベーションやリフォームにも関わっていきたいです。

建築に関わる中で、古い町並みとどう調和させていくか、奈良の古い民家の町並みをどう残していくかということには興味があります。古いものと新しいものを融合する、そんな提案が将来できれば良いなと考えています。

山本 明子
山本

私も日本の伝統的な建築や、それらが集まった町並みを残していくことに関心があります。また、空き家問題を解決することに携わりたいと思っています。時間を見つけては欧州各国の古い建築デザインや町並みを訪れ勉強したのですが、そこで感じたのは「欧州は文化にも経済にもデザインが重要な役割を担っており、古い建物もデザインで甦らせ大切にしている」ということです。それに比べると、いまの日本のまちづくりは古民家や景観への配慮が少ない気がします。

これを設計士としてなんとかすべき課題と考え、解決するための手段としてのリフォームやリノベーションの設計術を身につけていきたいですね。