奈良/SE構法/新社屋 無事上棟致しました!

2017.12.26|カテゴリー:現場レポート

こんにちは。
マイ工務店の眞井です。

12/25(月)にMAI新社屋が無事上棟致しました。

新社屋が建つのは
今のモデルルーム兼事務所のすぐ南です。

当日は、青空が見えるものの
少し風が強くなったり、小雨がぱらつくお天気となりましたが
息の合った4名のベテランの大工さんが
クレーンをさばきながら、的確に指示を飛ばし
軽快にSEの金物、ドリフトピンを打ちつけていきます。

お忙しい中、OB様も上棟のお祝いに駆けつけてくださり
本当に驚きました。

いつもこうして気にかけてくださることが本当に嬉しく
改めて本当にお客様に恵まれているなと実感し
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

いつもマイを支えてくださる皆様に喜んでいただける新社屋となるよう
引き続き頑張っていきたいと思います。

また年明けになりますが
現場の様子をレポートをしていきます!

◆◇◆

当社は28日が仕事納めで、1月7日までお休みとさせていただきます。
今年も大変お世話になりました。

来年は、新社屋完成も控えておりますので
さらに一段ステップアップして
より多くのお客様が幸せに暮らせる家をつくっていきたいと思います。

2018年もよろしくお願いいたします!

〜ここまで読んでいただきありがとうございます〜

奈良/SE構法/上棟準備が進んでいます!〜MAI新社屋現場レポート

2017.12.23|カテゴリー:現場レポート

こんにちは。
マイ工務店の眞井です。

日に日に寒さも増し、今年も残すところあと僅かとなりました。

年末まで悔いのないよう、駆け抜けていきたいと思います!

◆◇◆

さて、来春完成予定のMAI新社屋。


≪完成CGです≫

現場では
12/25(月)開催の上棟見学会に向け、準備が着々と進んでおります。

良い天気が続いたこともあり、基礎工事も順調に進み
しっかりと頑丈な基礎ができました。

土台から飛び出している棒はアンカーボルト。
SE構法では、基礎に直接埋め込んだアンカーボルトで
柱脚用のSE金物を固定し、その上に柱を緊結することにより
強度を確保しています。

また新社屋は、パッシブ冷暖(床下空間を利用したエアコンによる暖冷房システム)を採用した
基礎断熱をしておりますので
こちらにもぜひご注目いただけたらと思います。

足場が組まれ、資材も搬入され、
あとは当日天気に恵まれることを願うばかりです。
また上棟の様子は追ってレポートいたしますので、お楽しみに。

◆◇◆

師走に入り、車も人も多く街中が大変混雑しているように思います。
皆様、くれぐれも安全第一で年末までお過ごしください。

~ここまで読んでいただき、ありがとうございます~

奈良/SE構法/注文住宅/名張市「のびやかに育つ家」上棟式のご報告

2017.12.19|カテゴリー:現場レポート

こんにちは。
マイ工務店 眞井です。

日中は寒さが和らいだ先日
名張市にて「のびやかに育つ家」の上棟式が無事執り行われました。

皆で息を合わせ一気に棟を上げていく様は
ダイナミックでありながら
じつは細かいところに気を配りながらの作業。
最後まで気が抜けません。

無事に屋根じまいまで済み、緊張が和らぐと
大工さんから「今日は風もなく、とても作業のしやすかった」との声。
ホッと一息です。

ここから、たくさんの職人さんの手にかかり
完成へと向かいます。

引き続き気合を入れて進めてまいりますので
よろしくお願いいたします。

この度は、本当におめでとうございます!

奈良/SE構法/名張市「のびやかに育つ家」地鎮祭が執り行われました

2017.11.15|カテゴリー:現場レポート

こんにちは。
マイ工務店の眞井です。

先日、晴天に恵まれた良き日に、三重県名張市にて
「のびやかに育つ家」の地鎮祭が無事執り行われました。

地鎮祭。
その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得
工事の安全も祈願します。

施主様も無事終わりホッとした様子。
この日もお子様の元気な笑顔に癒されました。

SE構法でより安全に、アイシネン断熱でより快適な家づくりはもちろん
施主様の希望に合った家づくりが出来るよう
チーム一丸となって進めてまいります。

また工事の進捗など、現場からお伝えしていきます。
この度は本当におめでとうございます!!

伊賀市/SE構法/注文住宅/「想いでをつなぐ家」電気の現場打ち合わせを行いました。

2017.09.6|カテゴリー:現場レポート

こんにちは。
マイ工務店 眞井です。

先日、伊賀市「想いでをつなぐ家」にて
電気配線の打ち合わせをしました。

現在、大工仕事の他にも
徐々に他の業者さんが入ってくれているこちらの現場。

まもなくアイシネン断熱が吹き付けられるのその前のタイミングで
電気の配置打ち合わせを行います。

家の中から外回りまで、図面をもとに、実際にその場に立ち、印をつけながら、
コンセントやスイッチの位置、数、高さ、照明器具の位置確認、器具の種類などを
ひとつひとつ確認しました。

◇◆◇

大きな吹き抜けが2つあり、39坪のダイナミックなこちらの邸宅。

時間がかかってしまいがちな現場での打ち合わせですが
施主様か持ち込みの電気家具の個数や、サイズを事前に教えてくださったことで
スムーズに終えることができました。

配線プランをしっかり立てること、立てたプランを現場にてしっかり確認すること。
ストレスのない暮らしをしていくためにも、とても重要です!

◇◆◇

この現場確認が終わると、いよいよ電気配線工事が始まります。
ここまで来ると、上棟式よりほぼ折り返し地点に到達してきたと言えるのではないでしょうか。

またここから、各種業者との連携を強化して進めていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

奈良/葛城市/SE構法/「火を癒しむくらしの家」地鎮祭が無事取り行われました

2017.08.10|カテゴリー:現場レポート

こんにちは。
マイ工務店の眞井です。

先日、葛城市「火を癒しむ暮らしの家」にて
地鎮祭を無事執り行うことができました。

二上山のふもとにて、爽やかな風の中
土地の神様にご挨拶をさせていただきました。

家族の安全を考え、SE構法での家づくりを決められた施主様。

実はSE構法で建てられた家は、阪神大震災から東日本大震災まで
地震による倒壊はゼロの実績があります。

耐震化、備えあれば憂い無し!ですね。

引き続き、上棟に向けて丁寧に頑丈な基礎をつくりあげていきます!
この度は本当におめでとうございます。

伊賀市/SE構法/注文住宅/「想いでをつなぐ家」無事上棟です!

2017.08.1|カテゴリー:現場レポート

こんにちは。
マイ工務店の眞井です。

戻り梅雨で蒸し暑かった週末、
伊賀市にて無事上棟式を執り行うことができました。

OB様のご紹介により
今回一緒に家づくりをさせていただくことになった施主様。
奥様同士のミシン教室が一緒だったことが、ご縁のはじまりなのです。

この日のお嬢さんのワンピースも、奥様のハンドメイドで、とても素敵でした。

家づくりにも大変勉強熱心で、各見学会やセミナーにも積極的に参加してくださり
私たちも『その想いに答えたい!』という気持ちでここまで進んでまいりました。

SE構法らしい、がっしりとした躯体が組み上がりました。
この頑丈な躯体が地震の揺れから家を守ります!

施主様は、turk(ターク)のフライパンや、伊賀焼の焼肉用土鍋など
「一生物」と言われる職人の技を生かした道具もお持ちとのことで
薪ストーブの設置も本当に楽しみにされていらっしゃいました。

美味しいお料理と共に、薪ストーブを囲んで家族の時間を楽しむ日が待ち遠しいですね。

本当におめでとうございました。
引き続き、安全第一で丁寧に作業を進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

奈良/橿原市/SE構法の家 無事上棟いたしました!

2017.06.21|カテゴリー:現場レポート

こんにちは。
マイ工務店の眞井です。

今年は空梅雨のようで、しばらく良いお天気が続きましたが
今週からやっと梅雨らしくなりそうですね。

さて、そんな空梅雨の恩恵を受け、雲一つない晴天だった先日
橿原市にて上棟が無事執り行われました。

◇◆◇

棟梁と大工さんたちの手際の良さと、連携のとれたチームワークで
一日で一気に家の形へと組み上げる様子は、やはり圧巻です!!

天高くクレーン作業が進みます。

こちらの邸宅には、大きな吹き抜けがありますが
このように頑丈な柱と梁で構成されています。

屋根じまいまで進むと
緊張感が解き放たれ、職人たちは安堵感に包まれます。

上棟式を終え、最後にみんなで記念撮影。

◇◆◇

この度は、誠におめでとうございます!
無事にこの日を迎えることができ、大変うれしく思います。

各職人一同、完成に向けて安全第一で進めてまいりますので
引き続きよろしくお願いいたします。

奈良/大和高田市/SE構法/「Couture・クチュール~アトリエの家~」無事上棟です!

2017.06.13|カテゴリー:現場レポート

こんにちは。
マイ工務店の眞井です。

先日、大和高田市にて「Couture・クチュール~アトリエの家~」が、上棟いたしました。

大きな片流れのSE構法の家の棟が
大工さん達の息のあった作業により、一気に組み上がりました。

◆◇◆

「基礎工事だけの状態だと小さく見えたんですけど、柱が立つと大きいですね。」と奥様。

過去にも、基礎だけを見て「小さいのでは」と
不安になられた施主様がいらっしゃいました。

これはいわゆる目の錯覚によるもので
地縄張りや基礎工事の段階では、平面的に視覚が捉えており
どうしても小さく見えてしまうのです。

上棟をすると、立体的視覚が感じるので、
建物のボリューム感が一目瞭然になりますから、大きく見えるのです。

建物は、このように作業工程により
いろんな表情に変わりながら完成されていくのが面白いですね。

これから壁や天井が出来てくるとまたスケール感が変わります。
ぜひ楽しみにしていてください!

◆◇◆

またこちらの邸宅の二階には、奥様のアトリエを設ける予定です。

もともとは趣味で始められた「帆布のトートバッグづくり」でしたが
「販売して欲しい」との声があり
現在は作品をハンドメイドマーケットで販売されてるとのこと。


※写真をお借りしました

こだわりの材料と丁寧な作業から作られる、美しいスタイルのセンスのいい作品達が
このアトリエから生まれていくことでしょう。

◆◇◆

引き続き、各職人一丸となり丁寧に作業を進めてまいります。
この度は、本当におめでとうございます!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

奈良/SE構法/注文住宅/三重県伊賀市にて地鎮祭が無事執り行なわれました!

2017.06.2|カテゴリー:現場レポート

こんにちは。
マイ工務店の眞井です。

少しずつ暑くなってきましたね。
これからは現場の職人たちも毎日戦いです!

さて先日、三重県伊賀市にて地鎮祭が無事執り行われました。
その時の様子をご紹介します。

神主さんが、土地の四隅に紙吹雪(切麻散米)を撒き、敷地の四方お祓いします。

こちらは玉串奉奠の様子。
榊の枝に紙垂(しで)をつけたもので、これを神に捧げます。

私も数々の地鎮祭を経験してきましたが、
今回の紙垂(しで)の裁ち方は、いつも見慣れているものと少し違いました。

調べてみますと、裁ち方・折り方にはいくつかの流派・形式があり
吉田流・白川流・伊勢流が代表的な流派とのこと。
今回はその中の伊勢流だったようです。

やはり、その土地や神社により、様々な形式がありますね。

夏を感じるほどの日差しでしたが、時折吹く爽やかな風を感じながら
土地の神様に、ご挨拶と建築の安全を祈願致しました。

地鎮祭が終わると、いよいよ着工です!
気を引き締め、まずは上棟までしっかり基礎をつくりあげていきます!

ここまで読んでいただきありがとうございます。

1 / 3123